フランス パンとワーキングホリデー!

Vacances-Travailビザを取得して、フランスでヴァカンス+トラヴァイユ。
ワーキングホリデービザに関することはもちろん、パリで暮らしてみて想うこと、
パリのパン屋さんで働いてみて想うこと、フランスのパンのことなどなどをレポート! 
それぞれのカテゴリーメニュー(右下のほう)からご覧くださいませ。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フランスで映画「プチ・ニコラ」公開


フランスで、ついに「プチニコラ」の映画が公開されました。
ルネゴシニ/ジャンジャックサンペの名作「Petit Nicolas」は
8歳のちびっこ、ニコラと、彼の家族たち、
そしておもしろ友だちが繰り広げる、はちゃめちゃ物語。
フランスでも定番の児童書になっているらしく、
小さな頃に読んだことのある人は多いそうです。
しつけにはあまりよくないのかもしれませんが……。

今回の映画はValérie Lemercier(ヴァレリルメルシエ)がママ役。
原作ではあまり印象深いキャラではなかったけれど
あのルメルシエが意外と普通そうなママを演じていて興味深いです。

ちびっこ役者もすばらしいキャラクターぞろい。
原作本のイメージそのまま、まさにぴったりの配役です!
あ、でも、Clotaireは思い描いていたよりも
とてもキュートでしたが。。。(笑)

日本公開はまだ不明ですが、
ぜひぜひぜひ公開してもらいたいものですね。

こちらはプチニコラのフランス語版。
Le Petit Nicolas. Le ballon et autres histoires inédites
(Rene Goscinny、Jean-Jacques Sempe)

日本語版ももちろんあります。
偕成社の単行本バージョンと文庫バージョンがあります。
こちらは表紙がストライプでかわいい単行本版です。
ごきげんな小学生わんぱくプチニコラ(5冊セット)

Le Petit Nicolas. Le ballon et autres histoires inédites  ごきげんな小学生わんぱくプチニコラ(5冊セット)


ブログランキング   
chouette!   

 

| 映画/DVD | 18:00 | - | trackbacks(0) |
フランスの思い出とフランスの友だち
大きな地図で見る

ちょっとのんびり時間ができたので
ひさびさに映画を観ました。
タイトルは「フランスの思い出(LE GRAND CHEMIN)」。
Jean-Loup Hubert(ジャン=ルー・ユベール)監督作品で、
実の息子さんであるAntoine Hubert(アントワーヌ・ユベール)が出演。
とてもかわいらしい9歳の少年を演じています。

舞台はNANTE(ナント)から西へ10kmほど、
Le Pellerinの町近くにあるLe Grand-Chemin(↑地図)。
バスに揺られてパリからやってきた2人(母と息子)は
「Le Grand-Chemin〜」とアナウンスされたところでバスを降ります。
身重なママンが出産準備のため、この小さな村に住む友達夫妻に
ルイ少年は預けられることになっているのです。
小さな田舎で起こるのはパリで体験したことのないことばかり!
最初はママンと離れるのがいやだーと泣きわめいていたルイも
隣の家に住むおてんば少女マルチーヌと楽しい日々を過ごすのです。

確かにパリと田舎は生活が違います。
もちろんこの映画が撮られたのは50年代と今はまた違うけれど
それでも「生きる」力が違う気が。
うさぎが吊るされて皮をはがされる場面とかは
ルイ少年以上に反応してしまいました。。。
でもその行為は純粋に「生きる」こと。
お葬式が大きなイベントになってしまったり
村の人たちが墓堀人や棺桶作りなどの仕事に就いているのも
なんとなく「生きる」ことへの大きさを感じました。

お世話になっている家のだんなさんペロが
「大人にはいろいろあるんだ」と言うけれど
それって勝手に「いろいろ」をしょいこんでいて
子ども的に見てみたら、
複雑なことも意外とシンプルだったりするのかしら。。。

そして「フランスの思い出(LE GRAND CHEMIN)」の続編だと思って観たのが
「フランスの友だち(Après la guerre)」。
Richard Bohringer(リシャール・ボーランジェ)と
アントワーヌ・ユベールが出ているのが同じだけで
お話もぜんぜん別。
第二次世界大戦も終わるころ(1944年)のフランスの小さな町が舞台です。
始まりから衝撃的に救いのないスタートなのは
なんとなくフランス映画らしいけれど、
結局思うのは「戦争はいやだ」ということ。
命と生きることを考えた2作でした。


     

ブログランキング   
campagne   

 
| 映画/DVD | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
フランス映画祭とヴァレリ・ルメルシエ!
カドリーユ

今年もフランス映画祭の季節がやってきました!
……とか言いながら、
すみません、今まで行ったことありません(笑)。
が、今年は違います!

なんと、わたしの大好きなヴァレリ・ルメルシエが
出演している映画が2つもあるのです!
しかも今年から、会場は東京(六本木/お台場)と
大阪(高槻)の同時開催。
現在六本木付近勤務の身としては、
なんともありがたい限りです。

なんといってもお目当てはやっぱり
カドリーユ」(写真上)以来?
ヴァレリ・ルメルシエが主演・監督をつとめるコメディ、
パレ・ロワイヤル!」。
この作品には「8人の女たち」などでも
すばらしい存在感をただよわせていたあのカトリーヌ・ドヌーヴが
自分から「出たい!」とオファーして出演。
おかしな女王を演じているとか!!!
そして音楽はもちろんベルトラン・ブルガラ(ブルギャラ)。
サントラも欲しいかも。
パリのプランタンでは「パレ・ロワイヤル!」グッズまで
大人気だったそうですが
いったいどんなグッズ??? 
知ってる人がいたら教えてください!

このフランス映画祭のチケット、
電子チケットぴあから購入できるんですね。
便利! 予約も急がないと。

パレ・ロワイヤル!」以外にも、最新のフランス映画、長編27本と
短編、特集など28プログラムが上映されるそうなので
このチャンスにお気に入りのフランス映画を
見つけてみるのもいいかもしれません。

会場:シネマメディアージュ(お台場)
   VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ
   TOHO CINEMAS 高槻(大阪)
期間:3月15日〜19日
チケット発売:電子チケットぴあフランス映画祭のチケットコーナー


ヴァレリ・ルメルシェは歌も歌ってました。
残念ながらアルバム(大好き!)は廃盤らしいのですが、
最近発売された「Paris,the girls」という
フランスものコンピCDに収録されています。
ベルトラン・ブルガラも「フレスカ・フレンチ」に参加。
どちらもぜひ聴いてみてくださいな。

Paris,the girlsフレスカ・フレンチ
Paris,the girlsフレスカ・フレンチ



ブログランキング   
映画、よく観ます? 

 
| 映画/DVD | 22:50 | comments(7) | trackbacks(3) |
Asterix&Obelix MISSION CLEOPATRE(ミッション・クレオパトラ)
ミッションクレオパトラ ◆20%OFF!
 
きのう、スカパー!で、とうとうミッション・クレオパトラを観ました
 
ブルターニュのホームステイ先で
「簡単なフランス語の映画、観る?」と
いくつかDVDを出してくれたのですが、
そのうちのひとつがこの映画。
その時は日本語が恋しくて、なんとなく
天空の城ラピュタ」をリクエスト(笑)。
日本語音声・フランス語字幕だったので、
違う意味でも楽しめました。
 
Asterix Franzoesische Ausgabe 15. La Zizanie 語学学校の教材にも使われていたのが
ミッション・クレオパトラ」の元になった
Astérixのコミックシリーズ。
Rene GoscinnyとAlbert Uderzoが描く
このコミック。
フランスでの人気は不動の上位。
「知らない人はいない!」と
学校の先生も断言。
語学学校の課外学習でも
ミッション・クレオパトラをみんなで観よう会」があったのですが
ついつい自主休講してしまったおかげで
この映画は観れずに帰国。
 
ということで、ついに観た「ミッションクレオパトラ」。
日本でも数年前に密かに(?)公開されていたみたいです。
http://www.gaga.ne.jp/cleopatre/
 
モニカ・ベルトリッチ扮するクレオパトラと
この映画監督でもあるアラン・ジャバのジュリアス・シーザー
(フランス語だとジュール・セザール)は恋人どうし。
ふとしたことで「3か月で宮殿を建ててみせるわ!」と
クレオパトラが言ってしまったことが物語のはじまり。
アメリ」の気弱な八百屋さんでおなじみ
ジャメル・ドゥブーズ扮する建築家が
アステリックスやオベリクス、イデフィクス(かわいい犬!)
ポーション・マジック(魔法の薬)などの力を借りながら
その難題にいどむのです。
 
これがアメリカンジョークならぬ、フレンチジョーク?満載。
確かにフランスの人とか笑いそう!(笑)。
これはまさにリアルなフランス文化なのだろうなぁと
しみじみと、そして笑いながら楽しめた映画でした。
 
フランス語もそんなにむずかしくないので
初心者さんでも、それなりに楽しめます。
上級者さんはフランス語での
言葉やネーミングのかけ合わせ具合にニヤリのはず。
 
ちなみにパリ郊外にはparc asterix
(アステリックス・パーク? ディズニーランドふう?)もあるそうです。
もっとくわしく知りたい人はオフィシャルページへどうぞ。
http://www.asterix.tm.fr/  
 
ブログランキング    
クリック↑お願いします 
| 映画/DVD | 14:25 | comments(0) | trackbacks(3) |
日本の「ジャぱん」?
パンまつりで、ヨーロッパのパンをなんとなく試食して
「日本がブース出したら何をつくるんだろうなぁ?」と
(勝手に)考えてみた。
 
世界のパンを紹介していたブースには
日本のパンとしては食パン模型(?)がおいてあった。
うむ、確かに食パンは独自かも。
あとはあんぱん、クリームパン、デニッシュ系とか?
 
そんなことを考えてたら、日本のお友だちから
「“焼きたて!! ジャぱん”、とうとうフランス大会で
カイザーが出るよ」とのこと。
 
?????
 
どうやら、“焼きたて!! ジャぱん”は
わたしがフランスに来てから
TV東京系列ではじまった、パン・アニメ(?)らしく、
人並み以上に温かい「太陽の手」を持つ主人公が
日本が世界に誇れるパン“ジャぱん”を作るため
カリスマ・ベーカリーへ入門。
数々のコンクールで強敵ライバルと闘いながら、
真の“ジャぱん”を探し求める、というお話らしい。
(ネットで調べてみました)
 
すごく見たいじゃないですか!
しかも17日放送分には「フランスのカイザー兄弟」や
「パリ一のベーカリーチェーン、メゾン・カイザー」が登場!
……いいんですか???
「フランス」「パン」「カイザー」って言ったらやっぱり……
エリック・カイザーさん……なのでは?(笑)
本人了承済みなのかしら???
勝負のゆくえも気になるところです(笑)。
 
ネットでいろいろ調べてたら、
ちゃんとパン職人さん(京都パンの耳の内村浩一さん)が
監修しているそうですね。。
「パン・オ・リスティック」
「クグロフ・オ・ミエール」
「クイニ・プディング・アマン」などなど
おいしそうなパンの名前もたくさん!
「エシュレバター」
「ゴルドン・ブルー」なんていうのもありますが(笑)。
 
帰ったらDVDで観ないと!
DVDにはパン講座もついているそうです。
 

ブログランキング
↑cliquez, svp  
| 映画/DVD | 08:49 | comments(6) | trackbacks(0) |
映画でフランス語
フランス語を勉強しはじめてからは
フランス映画も観るようになりました。
セリフでひとつでもわかる言葉(単語)があると
とてもとてもうれしくなって
もっとわかるようにがんばろう!とやる気になります(単純)。
 
もともとフランス映画を積極的に観るほうではなかったので
何から観ていいのかあんまりよくわからず。
「エリック・ロメールの映画で使われるフランス語はきれいでいいよ」
と教えてもらったので、まずはエリック・ロメール 四季の物語 BOXを観てみました。
 
このConte Des Quatre Saisonsシリーズは日常生活が舞台で、会話が中心。
確かに「話すフランス語」に役立ちそうです。
sis contes morauxシリーズには
六つの本心の話」↓という本もあるらしく
読んでから観る、観てから読むともっとおもしろそう(読みたい!)。
 
エリック・ロメールについて調べてたら
スカパー!のシネフィルイマジカというチャンネルで
まさにロメール特集が組まれていることを発見。
しかも「スカパー!今ならご加入0円!初期費用無料」な時期だったので
スカパー!を申し込み、「言語:フランス語」と書かれたものは
時間がある限り、観てみることにしてました。
 
シネフィル・イマジカ以外のチャンネルも
「パリの朝市」(マルシェでのお買い物ビデオ? でもかなり興味深い!)とか
「放送大学フランス語講座」とか、「パリ20区の紹介」みたいなものまで
どれもなかなかおもしろかったです!
毎月20日の無料放送デーには、申し込んでないチャンネルを観るのに大忙し。
フランスに関係ないものもかなり観ました(笑)。
ちなみに今まさに
スカパー!今ならご加入0円!初期費用無料」です(笑)。
 
六つの本心の話
| 映画/DVD | 02:54 | comments(3) | trackbacks(0) |
Jacques Tati
ぼくの伯父さん
ぼくの伯父さん  
 
昔深夜にテレビで見て以来、一番印象深いこの映画。近未来ふうでありつつも、どこか存在してそうなたたずまい。色もデザインもすべてが気になる!(笑)。おしゃれさんの必須アイテムにしておくだけではもったいない!(?)
タチのDVDはほかにも「
プレイタイム」 「ぼくの伯父さんの休暇」など(特典映像つき)。DVD-BOX「ジャック・タチの世界」ほしい…。  
読みたかったのにずっと絶版になっていたノベライズ本もやーーーっと発売! 小柳帝さんの訳もたのしみ!
 
ぼくの伯父さんの休暇(単行本)
ぼくの伯父さんの休暇
ジャン・クロード・カリエール, ピエール・エテックス, 小柳 帝
| 映画/DVD | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
   

 
NEW ENTRIES

 
 
CATEGORIES

KLMオランダ航空
エールフランスとも提携 ネット割引あります
 
POUR Vacances-Travail

フランス〈2006~2007年版〉
フランス〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
海外暮らしの定番本「暮らし方」シリーズ最新刊。フランス版も新しいのが出ました! ビザの取得やいろいろな手続きの方法はもちろん、地区ごとにわかれた情報ページには、それぞれの家賃相場、実際に住んでいる人の声なども載ってます。ワーキングホリデーのページもあって、ポイントをさらっとまとめられています。いろんなことにとても便利なので、パリ暮らしを考えている人には必需品! 最新版
(ダイヤモンドビッグ社 ¥2,310)
フランスdeワーキングホリデー
フランスdeワーキングホリデー (JUGEMレビュー »)
芦沢直美とワーホリ仲間たち
フランスへのワーキングホリデーを考えている人には、絶対にこれ! 発行は3年前(2002年)。本屋さんではほとんど見かけないので、amazonからの注文がおすすめです(画像かタイトルをクリック)。他のワーキングホリデー(フランス)本と比べても、これがいちばん詳しくてわかりやすいけど、ちょっと情報が古くなってきてるかも。Office des Vacances-Travailが全面協力。
改訂最新版(イカロス出版 ¥1,650)
留学資料請求(無料)
ワールドアベニュー
 プロヴァンスやニースで
 語学+お料理やワイン講座も。
 
留学っていくらかかるの?
 超簡単!無料一括資料請求!
 留学Style!!

 
 
航空券
ANAエコ割
 やっぱり安心。マイルも貯まる。
 全日空の正規割引はweb予約がお得。
 
KLM オランダ航空
 正規航空券での最安値保証らしい。
 
AB-ROAD.net
 航空券情報がたくさん。
 片道航空券もあります。
 
All About [エアチケット]
 
 
ワーホリ保険
●留学・ワーホリ・駐在保険ならAIU
 
宿泊・ホテル
パリのホテルを格安予約【ホテルクラブ】
 レピュブリックで¥5,000〜
 
オクトパストラベル
 
●海外ホテル3万軒! 空室情報がすぐわかる
 スカイゲートパリのホテル
 
●アップルワールドでフランスのホテル予約
 
 
やっぱり資金!
リクルート派遣登録ネット
 たまにお世話になってます。
 
留学におすすめ
新生銀行
 普通口座のクレジットカードで
 パリなどの銀行ATMから
 ユーロを引き出せます。
 日本のセブンイレブンなどでも
 24時間手数料無料。
 ネット振込も便利。
 
海外旅行の最新情報と
 クチコミ情報掲示板!
 地球の歩き方

 使える現地情報もたっぷり。
 ワーホリ留学相談あり。
 
楽天カード(クレジットカード)
 入会金/年会費無料。
 VISAならパリでも使用可能。
 楽天市場で使えるポイントが
 今なら2000円分もらえます
 
 
LIVRE EN FRANCAIS

LAROUSSE DES DESSERTS
LAROUSSE DES DESSERTS Pierre Hermé
DANIEL ET VALERIE
DANIEL ET VALERIE CAHIER D'EXERCICES (DANIEL VALERIE)
 
フランス語の本なら、紀伊國屋書店がおすすめ。
webは店頭よりも安いとか。
 
LIENS
 
PROFIL


 
2004年秋から1年間、ワーキングホリデーでパリに滞在していました。
パリではパン屋さんで売り子をしながら、パンの食べ歩きと散歩三昧。
今はまた東京で文章を書くお仕事をしています。
何かあったらぜひ声かけてください。
 
メールはこちら
spysmag☆infoseek.jp
(☆をアットマークに変えて送信してください)
 
 
 
AD by JUGEM