フランス パンとワーキングホリデー!

Vacances-Travailビザを取得して、フランスでヴァカンス+トラヴァイユ。
ワーキングホリデービザに関することはもちろん、パリで暮らしてみて想うこと、
パリのパン屋さんで働いてみて想うこと、フランスのパンのことなどなどをレポート! 
それぞれのカテゴリーメニュー(右下のほう)からご覧くださいませ。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アンパンマン飾り巻き寿司
アンパンマン飾り巻き寿司

お花見が延期になったので
気になっていたものをつくってみました。

それは「いちばんわかりやすい!
飾り巻きずしの作り方

という本に載っている、
アンパンマン飾り巻き寿司。

今回は酢めしを使わないおにぎりタイプ。
本では真ん中の鼻部分におさかなウインナーを使うのですが
ウインナーとごはんが合わない気がしたので
めんたいこふりかけをまぜたごはんにしてみました。
目の部分にはこんぶを…とやってみたものの、
細切りこんぶだったせいもあって、失敗。

これでもてるかしら、子どもに(ニヤリ)。
せっせと練習にはげみます!

いちばんわかりやすい!飾り巻きずしの作り方―「飾り巻きずしインストラクター」検定教科書 (主婦の友生活シリーズ)

ブログランキング   
un pain man !?   

 
| おいしいもの | 21:23 | - | trackbacks(0) |
2月5日はヌテラの日でした


「日本で買えるヌテラ(オーストラリアからの輸入品)と
 フランスのニュテラ(ヌテラ)とはぜんぜん違う!」
と言い続け、そのほかの国のヌテラを食べ比べたい!と
各国のヌテラを大募集していたところ(現在も絶賛募集中)、
去年、おみやげ恩人さまからドイツとチェコとオーストリアの
ヌテラをいただきました(ありがとうございます!)。

テクスチャーなどを見比べ、じっくり味比べしてみたところ、
結果としては、ドイツ、チェコ、オーストラリアのヌテラには
それほど違いはなく、フランスのものにかなり近い感じ。
日本のもの(オーストラリアのもの)は
それよりもこってりと硬め、ノワゼット味よりも
チョコレート味のほうが舌に残る感じでした。
(※あくまでしろうとのわたし調べです)

とか、しているうちに、サロンデュショコラも
ヴァレンタインデーも終わりましたが
先日、metro(France)に興味深い記事を発見。

どうやら2月5日はヌテラの日として
全世界で祝われていたようです。
2007年、イタリアに住むアメリカ人Sara Rossoさんが
「いろんな記念日があるのに、Nutella Dayがないのかおかしい!」
と、ヌテラ・デーをつくろうとしたことから始まったそう。

metroの記事では、国ごとの違いにも触れていて、
フランスのヌテラはどろりとしている(fluide)けど
ドイツのヌテラはけっこう硬め(beaucoup plus dur)だそう。
お味ももちろん違っていて、ドイツではよりチョコレート味で
フランスではノワゼット(ヘーゼルナッツ)っぽいらしい。
それぞれの国のパンに合うようなものになっているというのなら
日本の食パンにはオーストラリアのパンと似ているのかしら。。。

記事にはトリビア(?)もほんの少し載っていました。
Nutellaはもともとイタリアでつくられたもの。
使われているのはノワゼット、ミルク、砂糖とカカオで
1946年にPietro Ferreroがつくったルセットによるものだそうです。
フランスでは1949年にSupercreamという名前で発売されていたとか。
最大サイズは5kg!(ただし業務用)
イタリアでは1kgがポピュラーだそうです(すごい…見たい!)。

ちなみに、冷蔵庫には入れないでくださいと書かれていますが
少しだけ冷蔵庫に入れてみようとチャレンジしたところ、
フランスヌテラはカチっと固まり、まるで板チョコレートのように
普通に食べることができましたです。
お味はもちろん「ヌテラ味」(笑)。

わたしは現在おみやげでいただいたフランスの750g(大瓶)ヌテラを
大切に味わっているところなのですが、
セーブしないで食べているせいか、もう半分はなくなっております。
(5月までもつかしら。。。とつぶやいてみました)

フランスをはじめ、世界各地へ旅するみなさま、
ぜひヌテラをおみやげにお願いします!

ちなみに、上の動画はとてもとてもおもしろいヌテラ比べ。
わたしも参加したいです!!!

 

ブログランキング   
nutella ! nutella ! nutella !   

 
| おいしいもの | 23:38 | - | trackbacks(0) |
salon du chocolatのガイド本
サロン・デュ・ショコラ オフィシャル・ムック (ランダムハウス講談社MOOK)

クリスマスのにぎわいも終わったかなと思ったら
すでにバレンタイン!?
Salon du Chocolatの公式ガイド本
サロン・デュ・ショコラ オフィシャル・ムック
(ランダムハウス講談社MOOK)
」が発売中です。

Salon du Chocolat paris 2009は今年秋に
パリの展示会場で開催されていて、
日本では2010年に開催される予定。
東京では伊勢丹(新宿)にて
1月27日〜2月1日までとのこと。
2009年を見てみると、おそらく、
東京以外のほかの都市でも開催されるはず。

いつもいろいろな魅力あるチョコレートが多すぎて
わからなくなってしまう人(わたし)は
この雑誌で先取り研究すれば
サロンデュショコラをもっと楽しめるかも???



ブログランキング   
vive la chocolat !   

 
| おいしいもの | 20:30 | - | trackbacks(0) |
サロンデュショコラ!salon du chocolat paris 2009
サロンデュショコラ パリが14日からスタート。
ニュース↑ではチョコレート見本市
「国際チョコレートフェア(Paris International Chocolate Fair)」と
書かれているけれど、salon du chocolatです。
この見本市はパリ南西のポルトドベルサイユの展示場にて
10月14日から18日まで開催。
もちろん、普通の人も大丈夫。チケットを買えば入場できます。

開催に先駆けて、チョコレートのドレスがお披露目されました。
写真は女優のMarie Fugain(マリー・フーガン)さんだそう。
この写真で見ると、チョコ部分が少なめ???
2008年のサロン・デュ・ショコラ パリの
チョコレートファッションショーでは
もっとチョコ度が高かったような気が。。。
SDCサイトでは2009年のdéfilé(ショー)のデザイン画が見れます。

今年は15年目の記念すべき年だそう。
11時からはデモンストレーションもあるので、
お気に入りのショコラティエをチェックしてみてください。
14日はLaurent Duchêne(MOF Chocolatier)、
Sébastien Bouillet(Relais Desserts)などなど
有名ショコラティエも登場。
あと、違った意味で大注目なのが
17、18日のPlanet Sushiによる“Makis au Nutella”。
ヌテラのお寿司です。。。ぜひチャレンジを!
※詳細はサイトでチェックしてください。

ちなみに日本でのサロンドショコラは
2010年1月27日から2月27日まで7都市で開催とのこと。

詳しくはサイト(フランス語、英語)をどうぞ。
http://www.salonduchocolat.fr/

これが巻き寿司に……  
  

ブログランキング   
chocoland...?   

 
| おいしいもの | 23:11 | - | trackbacks(0) |
Le Nutella(ヌテラ)
ヌテラnutella  Das grosse nutella Kochbuch. Die junge Kueche mit ueber 100 koestlichen Nutella- Kochrezepten

フランス語と英語の学習ブームはまだ続いているのですが
独学者にありがちな、インプットだけに偏っていそうなので
英語とフランス語で、文章を書いてみることにしました。

そういえば、ワーキングホリデーでフランスに行く前も
ひとりでフランス語で勉強していました。
やっぱりアウトプットができないのがよくないと思って、
ペンフレンド(!)サイトでエシャンジュ仲間を探し、
フランスの人とメール文通をスタート。
返事を書きたくなるようなメールを書いてくれる人がいたおかげで
自分で文章をつくってみることができました。
ただし、その文章はめちゃくちゃ(苦笑)。
今、読んでみると、わたしが言いたいだろうことを
よく読み取ってくれたなぁと、改めて感謝したくなるほどです。

と、話はちょっとそれましたが、
最近、大好きなフランスのヌテラがついになくなったのです。
そのことはフランスのおいしいもの。でも書いたのですが
よぅし、フランス語でも!と思い立ち、さっそく書き始めてみることに。
しかし、「あれ? Nutellaって男性名詞? 女性名詞?」と
さっそくつまづいたわけです(笑)。

まずは、Googleで
"la nutella"(女性形)と"le nutella"(男性形)をそれぞれ検索。
単純にヒットしたページ数で多数決をとってみると、"la nutella"が多数。
しかし、"la nutella"のサイトを見ると、ほとんどがイタリア語のようでした。

そこで、フランスのヌテラのサイト(http://www.nutella.fr/)を見てみたら、
冠詞なしで「NUTELLA VOUS ACCOMPAGNE AU QUOTIDIEN」。

そういえば、単語の終わりで名詞の性別が推測できるとかあったなぁ…
aで終わる名詞は女性名詞っぽいかも、と調べてみると、
確かに「aで終わる名詞には女性名詞が多い」らしい。

まだまだわからず、インターネットで検索を続行。
フランスでも、ヌテラはどっち?という疑問を持った人がいたようで
討論サイト(?)で「Le ou La Nutella ?」というスレッドを発見したのです。
http://www.forum-auto.com/les-clubs/section7/sujet329904.htm

ここによると「La Nutellaって言っている人に会ったことない」とか
「ヌテラのサイトのあのページで"au Nutella"だったから男性名詞だ!」
などなど、なかなか興味深く、貴重な意見がたくさん。
このサイトの意見と、フランスの人たちのアドバイスもあり(merci)
結局はLe Nutella、つまり男性名詞ということに落ち着きました。

その流れで聞いた話では、日本のヌテラ(つまりオーストラリアのヌテラ)と
フランスのヌテラが違うように、ドイツのヌテラも別ものらしい!?
「その国の嗜好に合わせて、少しずつ変えてるんじゃない?」ということで
別の意味でさらにヌテラが気になりだしました。
あああ、世界各国のヌテラをあつめて、ヌテラまつりをやってみたいです。
いろんな国でヌテラを食べてみたみなさん、ぜひご感想をお聞かせください!
よろしくお願いします。

パリのNutella Cafeもなつかしいです…。
ちなみに、上の画像はヌテラ40周年記念本(フランス語版)。
NUTELLA : 40 ANS DE GOURMANDISE
右はドイツ語版のヌテラ本です。
Das grosse nutella Kochbuch. Die junge Kueche mit ueber 100 koestlichen Nutella- Kochrezepten

   

ブログランキング   
je l'attend.   

 
| おいしいもの | 13:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
ロンドンで買ったデヴォンのスコーン

大きな地図で見る


ついに、ロンドンもGoogleストリートビューが見れるようになりましたね。
ああああ、今すぐ行きたいです!

ロンドンで食べたいちばんおいしいスコーンは
ここ、somerfieldで購入したデヴォンのスコーン。
Rodda'sのクロテッド・クリームもここで購入しました。
somerfieldはブリストルに本拠地を置くスーパーで
なんとなくロゴ的にもかわいい気がしたこともあり、
前回のロンドン行きではいちばん行きたかったスーパーでした。
しかも、デヴォンスコーンを発見したことでさらにポイントアップで
次回のロンドンでも必ず行きたい!と思っています。

最近、よくよく買うのがこれ、《中沢乳業》のクロテッドクリーム
イギリスのクロテッドクリームにもなかなか近い感じでとてもおいしいです!

 

ブログランキング   
Je voulais aller a Devon...   

 
| おいしいもの | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本のジェラール・ミュロ、破産
gerard_mulot

ジェラール・ミュロを日本で展開していた株式会社ジェラール・ミュロフーズが
親会社である株式会社第一経営の事業停止により、
ジェラール・ミュロの製品販売を停止し、
日本から撤退する形に向かっているそうです。
(株)第一経営は自己破産申請を準備中で、
負債は2008年3月末で約50億円とのこと。
かなり急な事業停止で、働いていた人たちも
1日前に知らされたとか。

これで日本ではジェラール・ミュロが味わえなくなりそうですが
パリの本店はもちろん別の会社なので大丈夫。
せっかくなのでパリのお店でチョコレートやマカロンをぜひ!

               ▽magasin Saint Germain
                76, rue de Seine 75006 Paris
               ▽magasin La Glacière&
                93, rue de la Glacière 75013 Paris

・「GERARD MULOT PATISSIER A SAINT GERMAIN DES PRES
 (MULOT GERARD)
 ジェラール・ミュロのレシピ本。
 表紙のマカロンがキレイ!

・「MACARON
 (PIERRE HERME)
 マカロンならこの本も!
 ピエールエルメ、マカロンだけのレシピ本

・「LADUREE
 そしてやっぱりマカロンといえば、ここ、ラデュレの本
 (↑ 紀伊國屋書店webだと時間はかかるけど割安!)

pierre herme macaron  laduree

ブログランキング   
des macarons   

 
| おいしいもの | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
わたしのフランス地図(Petit ecolier)
france

パリにいる間、せっせと集めた
LUのPetit écolier(プティテコリエ)についていた、おまけマグネット。
わたしの「フランス」はこんな感じです(笑)

全部集められなかったのがとても残念。。。(涙)
でも「ブルターニュだけは欲しい!」と思っていたら2つ出ました。。。

しかし、ブルターニュとノルマンディ以外は
場所がぜんっぜんわからないことに愕然としました。
パリだけがフランスじゃない。
あああ、こんどはノルマンディにまた行きたいです。

知らない間にLUグッズが増えてた!(LU好き)


  

  

ブログランキング   
LEFEVRE-UTILE   

 
| おいしいもの | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
salon du chocolat paris(サロンデュショコラ パリ)
LA Maison Du Chocolat: Transcendent Desserts by the Legendary Chocolatier  Chocolats et Confiserie


きのう、念願のトラムに乗ってsalon du chocolatに行ってきました。

ボンボンショコラ(ちいさな高級チョコ?)には
実はあんまり興味がなく、好きなチョコはと聞かれたら
ガーナかキットカットかキャドバリーと答えるくらいなので
本物のチョコレ−ト大好きな人たちの集う「まつり」に
かなりどきどきしておりました。

しかし、会場に入ると
そんな心配はまったく必要なかったようで
ほんとに楽しい「まつり」でした。

東京みたいに「お買い物会」って感じではないし、
極端な話、買わなくてもおもしろい。
ちびっこもたくさんだし、おじいちゃんも
「食べてみていいかい? くいしんぼうなんだよ、私。ふふふ」
なんて、試食トレイを持ったブースの人に話し掛けていたり。
パンまではいかないけれど、
なんとなくチョコレートは日本にくらべると
より日常的なものなんだろうなーとか思ったり。

会場は迷うくらいにおっきいし、
かなりたくさんのブースが並んでいます。
日本でも有名なお店もたくさんあったり、
フランス以外の国のチョコとかもあったり、
ミオさんジャムやグルニエアパンやカフェなどなど
チョコ以外のおいしいものもあったり
結局、ひとりで3時間以上は満喫してました。

後半はチョコの試食ももういらない…と思うほどでしたが
クスミティーでひと休憩してからは復活して
またもチョコ食べツアー(会場内)。
おそらく今まででいちばんチョコレートを食べた日でした(笑)。


画像左「LA Maison Du Chocolat
 : Transcendent Desserts by the Legendary Chocolatier

 Robert Linxe,Michele Carles

画像右「Chocolats et Confiserie
 L'Ecole Lenotre
| おいしいもの | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
ピエール・エルメ、パリのマカロン専門店
pierre herme macaron

数か月前の話になってしまいましたが
Pierre Herméの3つめのお店がカンボン通りにオープンしたそうですね。
Le Figaroより)
マカロンとチョコレートをメインにしたお店らしく、
おみやげを買いに行くにはぴったりです(よね?)

カンボン通りというと、マドモワゼル・シャネルのイメージが強く
高級感がただよいまくっている場所ですが
「フランスのおいしいもの」ココ・シャネルの秘密 参照)
ラデュレにも近いっぽいので、マカロン食べ比べも簡単。
今まであまり手を出していなかったエルメのマカロン。
いただいてみたら意外とおいしかったので(!)
ちょっと食べに行きたいと思っています。

ちなみに、上の画像はピエール・エルメ氏の最新刊「MACARON」。
1冊まるごとマカロンのレシピのようです。
Le Ballon Rouge」↓ っぽい表紙が美しいですねー


Boutique Macarons & Chocolats
Pierre Hermé Paris
4, rue Cambon 75001 Paris

Le Ballon Rouge: (The Red Balloon)  

ブログランキング   
macaron   

 
| おいしいもの | 22:28 | comments(1) | trackbacks(0) |
   

 
NEW ENTRIES

 
 
CATEGORIES

KLMオランダ航空
エールフランスとも提携 ネット割引あります
 
POUR Vacances-Travail

フランス〈2006~2007年版〉
フランス〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
海外暮らしの定番本「暮らし方」シリーズ最新刊。フランス版も新しいのが出ました! ビザの取得やいろいろな手続きの方法はもちろん、地区ごとにわかれた情報ページには、それぞれの家賃相場、実際に住んでいる人の声なども載ってます。ワーキングホリデーのページもあって、ポイントをさらっとまとめられています。いろんなことにとても便利なので、パリ暮らしを考えている人には必需品! 最新版
(ダイヤモンドビッグ社 ¥2,310)
フランスdeワーキングホリデー
フランスdeワーキングホリデー (JUGEMレビュー »)
芦沢直美とワーホリ仲間たち
フランスへのワーキングホリデーを考えている人には、絶対にこれ! 発行は3年前(2002年)。本屋さんではほとんど見かけないので、amazonからの注文がおすすめです(画像かタイトルをクリック)。他のワーキングホリデー(フランス)本と比べても、これがいちばん詳しくてわかりやすいけど、ちょっと情報が古くなってきてるかも。Office des Vacances-Travailが全面協力。
改訂最新版(イカロス出版 ¥1,650)
留学資料請求(無料)
ワールドアベニュー
 プロヴァンスやニースで
 語学+お料理やワイン講座も。
 
留学っていくらかかるの?
 超簡単!無料一括資料請求!
 留学Style!!

 
 
航空券
ANAエコ割
 やっぱり安心。マイルも貯まる。
 全日空の正規割引はweb予約がお得。
 
KLM オランダ航空
 正規航空券での最安値保証らしい。
 
AB-ROAD.net
 航空券情報がたくさん。
 片道航空券もあります。
 
All About [エアチケット]
 
 
ワーホリ保険
●留学・ワーホリ・駐在保険ならAIU
 
宿泊・ホテル
パリのホテルを格安予約【ホテルクラブ】
 レピュブリックで¥5,000〜
 
オクトパストラベル
 
●海外ホテル3万軒! 空室情報がすぐわかる
 スカイゲートパリのホテル
 
●アップルワールドでフランスのホテル予約
 
 
やっぱり資金!
リクルート派遣登録ネット
 たまにお世話になってます。
 
留学におすすめ
新生銀行
 普通口座のクレジットカードで
 パリなどの銀行ATMから
 ユーロを引き出せます。
 日本のセブンイレブンなどでも
 24時間手数料無料。
 ネット振込も便利。
 
海外旅行の最新情報と
 クチコミ情報掲示板!
 地球の歩き方

 使える現地情報もたっぷり。
 ワーホリ留学相談あり。
 
楽天カード(クレジットカード)
 入会金/年会費無料。
 VISAならパリでも使用可能。
 楽天市場で使えるポイントが
 今なら2000円分もらえます
 
 
LIVRE EN FRANCAIS

LAROUSSE DES DESSERTS
LAROUSSE DES DESSERTS Pierre Hermé
DANIEL ET VALERIE
DANIEL ET VALERIE CAHIER D'EXERCICES (DANIEL VALERIE)
 
フランス語の本なら、紀伊國屋書店がおすすめ。
webは店頭よりも安いとか。
 
LIENS
 
PROFIL


 
2004年秋から1年間、ワーキングホリデーでパリに滞在していました。
パリではパン屋さんで売り子をしながら、パンの食べ歩きと散歩三昧。
今はまた東京で文章を書くお仕事をしています。
何かあったらぜひ声かけてください。
 
メールはこちら
spysmag☆infoseek.jp
(☆をアットマークに変えて送信してください)
 
 
 
AD by JUGEM