フランス パンとワーキングホリデー!

Vacances-Travailビザを取得して、フランスでヴァカンス+トラヴァイユ。
ワーキングホリデービザに関することはもちろん、パリで暮らしてみて想うこと、
パリのパン屋さんで働いてみて想うこと、フランスのパンのことなどなどをレポート! 
それぞれのカテゴリーメニュー(右下のほう)からご覧くださいませ。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フランス、ワーキングホリデー2009
フランスへのワーキングホリデーの人数(定員)が
少し前に発表になっていました。

去年は日仏交流150周年記念だからか、1500人だったけど
今年は1200人だそう。

なんとなく、希望者はほとんどビザがもらえそうな数字。
「行こうか悩んでいるんです」という人は
ぜひチャレンジしてみてください。

1200人もいれば、お仕事を探すのはきっと大変かもしれないけれど
学生ビザよりも、初期のめんどうなことが少ないし、
やるべきことがない分、好きにすごしていいのです。
いざとなれば、すぐ日本に帰ってきてもいいのです。
「もし、今ワーホリビザがもらえたら、渡仏する?」って聞かれたら
即答で「行く!」と言ってしまいそうです(笑)。

ブログランキング   
on y va !   

 
| ワーキングホリデー | 20:30 | comments(1) | trackbacks(0) |
フランスのワーキングホリデー2009
ついに、2009年分(平成21年1月から12月出発分)、
フランスのワーキングホリデー応募がスタートしました!

募集人数についてはフランス大使館ホームページに明記されていませんが、
どうなるのでしょう?
2008年度と同じく1,500人???

フランスのワーキングホリデー詳細ページはこちら
在日フランス大使館ホームページ>ビザ>ワーキングホリデー


ブログランキング   
bon courage !   

 
| ワーキングホリデー | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
フランス、ワーホリビザ1500人に
最近、とてもびっくりしたこと。
それは、フランスへのワーキングホリデービザが
1500人に発給されるようになる、というニュース。
ほんとにーーー!??
フランス大使館のホームページでは見つけられなかったのですが
社団法人日本ワーキング・ホリデー協会には
「今年度(2008年度)の定員は1500人(2008年3月7日発表)」
と書かれていました。
OVTのブログにも同じ内容の記事がありました。
2008年が日仏交流150年記念の年だから???

ワーキングホリデーが開始されたときは確か300人程度。
それからは500〜600人くらいだったはず。
それが2倍!?
3〜8倍とか言われていた競争率も
これでずいぶん緩和されるのでしょう。

が、しかし。
1500人もが働くことができる「お仕事」はあるのでしょうか?
今まで500人だった就職希望者が1500人になれば
フランスでのお仕事を見つけるための競争率はぐんっと上がる。
学生ビザでのアルバイトも緩やかになったらしいので
わたしがパリにいたときと比べたら、かなり難しい気がしてきました。
雇い主さんも、どうせならフランス語が話せたほうがいいだろうし、
なにか特別な技術を持っているほうがいいはず。
そう思うと、あのころのわたしなら
きっとお仕事見つけられないだろうなー(苦笑)。

結局、フランスのワーキングホリデービザを増量したということは
Vacances-Travail(ワーホリビザのフランス語名称)の
Vacances(バカンス)をメインにしたユーザーを増やす、
ということなのかしら?

最近は、友だちや知っている人でも
「ワーキングホリデーでフランスに行きたいんです!」
という人がとても多いので、
ビザ発給数が増えるのはとてもいいことだとは思うのですが
ただ、単に大喜びできない気がしました。


ブログランキング   
visa des vacances-travail   

 
| ワーキングホリデー | 10:00 | comments(3) | trackbacks(0) |
2009年のフランス・ワーキングホリデー
2009年出発分のワーキングホリデービザ申請が
ついに受付スタートですね。

フランスで自分がやりたいこと、
そのために自分が今努力していることを
きちんとまとめてみてください。

がんばってくださいー!
| ワーキングホリデー | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
フランスのワーキングホリデー 申請スタート!
2007年度渡仏分、ワーキングホリデービザの申請受付がスタートしたようです。
がんばってくださーい!

フランス大使館 ビザのページ
ワーキングホリデービザ(2007年度)


フランスdeワーキングホリデー   

フランスdeワーキングホリデー 

ブログランキング   
bon courage !!! 

 
| ワーキングホリデー | 16:52 | comments(0) | trackbacks(8) |
フランスの語学学校探し
「フランスへのワーキングホリデーを考えているのですが
 語学学校はどうやって決めたのですか?」
「フランスでホームステイをしたいのですが、
 どうやって決めたのですか?」
のようなメールをいただくことが多いので、
いろいろとまとめてみようと思います。

まず、わたしの場合。
フランスへ行ってから1か月は語学学校に通いたかったので
いろいろな資料をたくさん取り寄せて
授業内容や場所などを考えながら選びました。
いろんな留学斡旋会社があるのですが、
この時点では留学エージェント(斡旋会社)に
お願いするつもりもほとんどありませんでした。
が、資料請求はほとんどどこでも無料なので
いろーんなところにネットで資料請求してました(笑)。

まず一番目に発見したe-留学ガイド
条件を検索してから、一度にたくさんのところに
資料請求ができるのでらくちんでした。

付加価値留学のゲートウェイ21では、語学留学以外のところ
お菓子学校やお料理関係のなどをチェック。
(すみません、ほんと興味本意でした)

あとは、留学・ワーキングホリデーのISS
世界の学校1342校の情報・料金明細や
留学体験談が充実しているというカタログで
たしかびっくりするほど分厚かった!
そのうちフランスはというと、そこまでたくさんではないけれど
フランスだけに限らず、留学ということに対しての
体験談はいろいろと勉強になりました。

世界各国のワーホリサポートでおなじみラストリゾートや、
ワールドアベニュー でも資料請求できます。
きっと他にもあると思うのですが、
ほとんどが資料請求は無料だと思うので(要確認)
めいっぱい情報収集してみてください!

わたしはというと、お取り寄せした資料や、
ネットで探した学校資料などを、読んだりながめたりしながら、
フランスでやりたいことをおもいついたり考えたり、
イメージしたりしてました。
やっぱり、いろんな資料があればあるほど、
なんとなくの参考にできてよかったです。

最終的にはe-留学ガイドで資料請求ができる
NES留学センターに学校入学手続きをお願い。
ここからブルターニュのレンヌにある学校とホームステイ、
1か月コースを手配していただきました
(代行手続き無料、送金手数料は別途)。

高額な「フランス留学サポート」を受けるのも、
余裕がある人にはいいかも、ですが
自分でやってみよう!という気持ちは大切だと思います。

とにかく、斡旋会社を通す通さない、
学校へ行く行かないは別として、
資料を集めて読んでみるのがおすすめです。
All About [短期留学・ホームステイ]
参考になりました。

      
↑留学情報がいっぱい「留学生活」
ジュエリー 、帽子制作 、メイクアップ 、
ガラス工芸 、フラワーアレンジメント、
陶芸 、家具装飾、絵画留学プログラムなどの
資料請求ができるようです。


ブログランキング   
お役にたてました? 

 
| ワーキングホリデー | 12:21 | comments(4) | trackbacks(8) |
「ワーキングホリデー完全ガイド」
ワーキングホリデー完全ガイド (2006-2007)
 
ワーキングホリデーから戻ってきてからも
なぜかワーキングホリデー情報が気になります。
ほんっとフランスの情報って少ないですね。
 
図書館に「ワーキングホリデー完全ガイド (2006-2007)
(OKCオセアニア交流センター)があったので
借りてきて読んでみました。
 
フランス関連では、ホームステイをしたり
絵の学校に通ったりしてから、日本食レストランで働いた
という女性のレポートと
お花屋さんで働いたという男性のレポートが載っていました。
 
「ワーキングホリデーはいくらかかる?」という特集もあったりして
これはなんとなくな目安にもつかえそう。
フランス以外のワーキングホリデー体験談も
さらり読んでみるといろいろとおもしろい。
フランス語生活ならカナダも楽しそうだなぁとか思ったり。
 
2006-2007年版なので、何よりも情報が新しい気がするけれど、
ワーホリビザ認定後の必要書類って東日本と西日本で(今も)違うの?
「西日本の人は総領事館へ」から「全国の人はすべて大使館へ」
になった気がしていたのですが。。。
 
となると、やっぱりフランスのワーホリ情報は、
ちょっと古いけど(2002年発行)
フランスdeワーキングホリデー?カンペキ!決定版」が
いちばんまとまっていると思います。
改訂版、出してくれたらいいのになぁ。
改訂版、つくらせてくださーい!(本気)
 
 
ブログランキング   
応援↑ SVP 
 
| ワーキングホリデー | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
2006年度のフランス ワーキングホリデー申請受付開始
例年の11月をすぎても、12月をすぎても
2006年度の詳細発表がなかった
フランスへのワーキングホリデー。
フランス大使館のホームページに先駆けて
日本ワーキング・ホリデー協会(JAWHM)のホームページに
「申請受付開始!」とのニュースが発表されています。
 
この日本ワーキング・ホリデー協会(JAWHM)、
わたしは加入しなかったのですが、
入会すると、渡航準備や相手国の生活様式、雇用事情、
住居、語学学校に関するアドバイスや
相手国の受け入れ機関の紹介もしてくれるらしい。
 
日本にワーホリで来ている外国の人たちとの交流会などもあるらしいので
興味がある人はホームページを見てみてください。
 
財団法人日本ワーキング・ホリデー協会(JAWHM)
http://www.jawhm.or.jp/
 
 
ブログランキング     
応援クリック↑お願いします 
 
| ワーキングホリデー | 13:52 | comments(6) | trackbacks(0) |
フランスのワーキングホリデー話。
フランスでのワーキングホリデー体験記
「わたしのVT(ヴァカンストラヴァイユ
 =ワーキングホリデー)」にまとめている日記(?)を
ちょこっと整理&書き直ししました。
よかったらこちら
左のカテゴリから見てみてください。
 
2006年度のワーキングホリデー申請要項、
まだ詳細が発表されていないみたいですね。
なぜかわたしもフランス大使館のページを
ついついチェックしています(笑)。
 
 
ブログランキング    
クリック↑お願いします 
| ワーキングホリデー | 21:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
ワーホリ申請書、わたしの場合
パリから戻ってきてから、
なんとなくフランス語学習を怠りすぎている!(笑)
 
ちょうどおととしの今ごろ、
いちばんフランス語の勉強をがんばっていたような気がする。
と、いうのも、ワーキングホリデービザの申請用作文を
せっせせっせと書きまとめていたから。
 
2006年分のヴァカンス・トラバイユ・ビザ申請受付は
まだ始まっていないみたいですが、
申請しようかなぁと思っている人には
今から申請理由などをまとめておくことをおすすめします
って言われなくても、もうお済みでしょうか(笑)。
 
申請書は日本語かフランス語、英語で記入とのこと。
自分の気持ちをきちんとフランス語で表現できるのであればフランス語、
フランス語ではなんとなーくこの熱意を伝えられない!
というのなら日本語。
でも日本語で書く場合「フランス語もできます!」というアピールも
しっかりと記入したほうがいいかも。
 
わたしの場合、ちょっとずるして(?)
日本語とフランス語、両方で書きました。
すごーくちいさな字になってしまって
「はたしてこれを読んでもらえるのか?」と
ちょっと心配になったくらいでした(笑)。
 
ちなみにフランス語部分では
同じ単語を連続してたくさん使わないこと、
同じような構文(主語が同じ文)を続けないこと
日本語的言い回しのフランス語訳にならないようにすること
などに気をつけて書いたような気がします。
 
学生ビザの発給がきびしくなったと言われる今日このごろ、
ワーホリ・ビザの競争率もアップしているかも。
今できるだけの力をぐぐーっと凝縮して
申請作文書き、がんばってくださーい。
 
2005年度のワーキング・ホリデー フランスの申請書は
在日フランス大使館のページからダウンロードできます。
http://www.ambafrance-jp.org/
 
 
ブログランキング
↑cliquez, svp  
| ワーキングホリデー | 14:41 | comments(0) | trackbacks(1) |
   

 
NEW ENTRIES

 
 
CATEGORIES

KLMオランダ航空
エールフランスとも提携 ネット割引あります
 
POUR Vacances-Travail

フランス〈2006~2007年版〉
フランス〈2006~2007年版〉 (JUGEMレビュー »)
「地球の歩き方」編集室
海外暮らしの定番本「暮らし方」シリーズ最新刊。フランス版も新しいのが出ました! ビザの取得やいろいろな手続きの方法はもちろん、地区ごとにわかれた情報ページには、それぞれの家賃相場、実際に住んでいる人の声なども載ってます。ワーキングホリデーのページもあって、ポイントをさらっとまとめられています。いろんなことにとても便利なので、パリ暮らしを考えている人には必需品! 最新版
(ダイヤモンドビッグ社 ¥2,310)
フランスdeワーキングホリデー
フランスdeワーキングホリデー (JUGEMレビュー »)
芦沢直美とワーホリ仲間たち
フランスへのワーキングホリデーを考えている人には、絶対にこれ! 発行は3年前(2002年)。本屋さんではほとんど見かけないので、amazonからの注文がおすすめです(画像かタイトルをクリック)。他のワーキングホリデー(フランス)本と比べても、これがいちばん詳しくてわかりやすいけど、ちょっと情報が古くなってきてるかも。Office des Vacances-Travailが全面協力。
改訂最新版(イカロス出版 ¥1,650)
留学資料請求(無料)
ワールドアベニュー
 プロヴァンスやニースで
 語学+お料理やワイン講座も。
 
留学っていくらかかるの?
 超簡単!無料一括資料請求!
 留学Style!!

 
 
航空券
ANAエコ割
 やっぱり安心。マイルも貯まる。
 全日空の正規割引はweb予約がお得。
 
KLM オランダ航空
 正規航空券での最安値保証らしい。
 
AB-ROAD.net
 航空券情報がたくさん。
 片道航空券もあります。
 
All About [エアチケット]
 
 
ワーホリ保険
●留学・ワーホリ・駐在保険ならAIU
 
宿泊・ホテル
パリのホテルを格安予約【ホテルクラブ】
 レピュブリックで¥5,000〜
 
オクトパストラベル
 
●海外ホテル3万軒! 空室情報がすぐわかる
 スカイゲートパリのホテル
 
●アップルワールドでフランスのホテル予約
 
 
やっぱり資金!
リクルート派遣登録ネット
 たまにお世話になってます。
 
留学におすすめ
新生銀行
 普通口座のクレジットカードで
 パリなどの銀行ATMから
 ユーロを引き出せます。
 日本のセブンイレブンなどでも
 24時間手数料無料。
 ネット振込も便利。
 
海外旅行の最新情報と
 クチコミ情報掲示板!
 地球の歩き方

 使える現地情報もたっぷり。
 ワーホリ留学相談あり。
 
楽天カード(クレジットカード)
 入会金/年会費無料。
 VISAならパリでも使用可能。
 楽天市場で使えるポイントが
 今なら2000円分もらえます
 
 
LIVRE EN FRANCAIS

LAROUSSE DES DESSERTS
LAROUSSE DES DESSERTS Pierre Hermé
DANIEL ET VALERIE
DANIEL ET VALERIE CAHIER D'EXERCICES (DANIEL VALERIE)
 
フランス語の本なら、紀伊國屋書店がおすすめ。
webは店頭よりも安いとか。
 
LIENS
 
PROFIL


 
2004年秋から1年間、ワーキングホリデーでパリに滞在していました。
パリではパン屋さんで売り子をしながら、パンの食べ歩きと散歩三昧。
今はまた東京で文章を書くお仕事をしています。
何かあったらぜひ声かけてください。
 
メールはこちら
spysmag☆infoseek.jp
(☆をアットマークに変えて送信してください)
 
 
 
AD by JUGEM